いつかは、ゼニアマン。

エルメネジルド・ゼニア

説明無用のスーツの王様ぴかぴか(新しい)

路面店や有名百貨店でも店舗を見かけるたびに、近寄りがたい
オーラを発している50代男のスーツブランド
ハイラグジュアリー雑誌LEONメンズEXなどでも、良く特集を組まれているので
エルメネジルド・ゼニアというブランド名については、50代男性なら知っていると思いますが
、経営者や大企業の重役でもない限り、50代男性でもやや手を伸ばしづらいスーツでしょう。

そのエルメネジルド・ゼニアのスーツを今回試着させてもらってきました手(グー)
うわさの着心地や如何にぴかぴか(新しい)

エルメネジルド・ゼニアのスーツの特色は、何といっても最高品質ぴかぴか(新しい)といわれるその服地

スーツメーカーの多くが、糸の生産から最終の仕上げまでを、それぞれ分業で
おこなっているのに対し、エルメネジルド・ゼニアでは原毛の買い付け
から最終の仕上げまでを、全て自社内で行うことにより世界最高の品質を
保ち続けています。

そのため多くのVIPに支持され、愛用者は『ゼニアマン』とも呼ばれ、憧れの
スーツブランドとしての地位を不動のものとしております。


今回は、その中でもエルメネジルド・ゼニア某店の、店長みずから、
お勧めの最高級の逸品ぴかぴか(新しい)を試着させて頂きました揺れるハート

着た瞬間「ワンランク上がるスーツとは、こういうスーツのことか・・ダッシュ(走り出すさま)
と、本当に衝撃を受けました。

鏡に映っているのは、確かに自分なのですが自分ではないのです(笑)。
正確には『いつもの自分がいない』のです。

(何故か自分が、カッコいい人に見えるような気がする。)

心の中で思ってしまうほど、生地には光沢があり、その光沢が、
まるで全身からオーラぴかぴか(新しい)を発散させているが如く着る人間の格をあげて
くれていましたパンチ

こちらの店長お勧めは、セール価格で30万円ちょっとでしたが、思わず
「ちょっと、がんばってみようかな・・」
と身の程知らずに思えるほど、魅力的なスーツでした。

50代男性にとっても、大企業の重役や経営者でもないと
エルメネジルド・ゼニアのスーツは、とても手が出ないスーツだと思いますが、

「いつかは、ゼニア」

50代男の夢として、「いつかはゼニアマンに」そんな夢を加えてみても
いいのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)
スポンサーリンク
posted by 白タキシード at 13:52 | メンズファッション基本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。